土日祝も診療

0120-947-670 [電話受付 10:00~20:00]

自分で脱毛をやってカミソリ負けを防ぐ4つの方法。剃り負けの原因は?

2020.10.12
医療脱毛

おうちで脱毛を自分ですること。それはセルフ脱毛とも呼ばれています。

セルフ脱毛をした時、カミソリ負けをすることがあります。カミソリ負けは、皮膚に多大なダメージを与え、皮膚炎や湿疹、毛嚢炎などの原因となるとも言われています。

今回は、自分で脱毛した時、カミソリ負けが起こる原因やそれを防ぐ方法、カミソリ負けで起こる症状などをご紹介します。

カミソリ負けとは?

そもそもカミソリ負けとは何でしょうか。カミソリ負けとは、剃毛したあと肌が痒く(かゆく)なったり、痛くなったりする症状のことです。ある時には血が出てしまったりする場合もあります。

カミソリ負けは、皮膚が弱い人だけがなるとは限りません。今まで皮膚トラブル・肌トラブルがほとんどなかった人でも症状が出るケースもあります。

カミソリ負けが起きる原因

カミソリ負けは、カミソリ刃を直接、皮膚に押し当てて剃毛するので、この時、皮膚の角質も落としてしまうために、起こるものです。

角質の落ちた肌は、敏感肌となります。そうなると、スキンケアをおこたってしまっていると、カミソリ負けを起こしてしまいます。

このようにカミソリ負けは、もともと肌が弱い人だけではなく、肌トラブルが今までなかった人でも起こることがあります。

自分の持って生まれた肌質にかかわらず、注意が必要です。

カミソリ負けで起こる症状とは?

カミソリ負けで起こる症状を詳しくご紹介します。

肌がヒリヒリする

皮膚を見ても何も症状がでてないのに、ヒリヒリする場合はカミソリ負けの場合があります。

カミソリを皮膚に直接当てて、シェービングすると、皮膚を守る角質を損傷してしまいます。そうなると、赤みやヒリヒリした痛みが出てくることがあります。

肌にブツブツができて痒い

肌にブツブツができて痒い場合、アレルギーなどの可能性もありますが、カミソリ負けによる、皮膚炎や湿疹の可能性もあります。

ニキビなどの吹き出物ができる

肌の角質が損傷して、毛穴に細菌が入り、ニキビなどの吹き出物ができることがあります。

ブツブツができた状態でシェービングを続けると、より症状が悪化しやすくなります。

カミソリ負けしたらどうすればいい?

カミソリ負けしたら、お肌はダメージを受けています。この状態になったら、しっかりとお肌のケアをおこなうことが重要です。

肌に潤いを与える

カミソリ負けすると、角質がとれ乾燥肌になりやすくなっています。乾燥肌は、お肌のトラブルが起きやすくなる可能性が。

ほおっておくと、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。化粧水などでしっかりと保湿をしましょう。

かゆみや痛みが出てきたら皮膚科にご相談ください

保湿をしても痛みや痒みが続く場合は、皮膚科や専門医に相談しましょう。

カミソリ負けを防ぐ対処法

カミソリ負けは、下のような点に注意すると防げます。

肌を清潔にする

お肌を清潔に保つことで、細菌が毛穴に入り込むことが減り、カミソリ負けが生じにくくなります。

できるだけ刺激の少ない石鹸やクリーム、化粧品を使いましょう。

クリームを使う

カミソリの刃が直接当たる時、滑りやすくなっていると、カミソリ負けしにくくなります。

刺激から肌を守るために、保湿を心がけましょう。保湿成分の入ったクリームなどを使うと、カミソリ負けしにくいと言うメリットがあります。

カミソリに力をいれずに剃っていく

自分でカミソリを使って剃る場合には、力をなるべく入れない方法をおすすめします。

力を入れて剃ると、角質が取れすぎて出血や傷のリスクとなります。

お肌の上を優しく滑らせるようにしましょう。

カミソリ負け以外のセルフ脱毛のリスクは?

自分で脱毛をする場合、メリットもありますが、デメリットも多くあります。

下のようなトラブルに注意しましょう。

埋没毛

ムダ毛をシェービングしている時に皮膚が傷ついて、それが毛の出口をふさいでしまうことです。出口がないムダ毛が黒いブツブツに見えます。

色素沈着

ムダ毛をシェービングした時に肌が刺激を受けます。その時、メラニンと呼ばれる色素ができます。これが肌に残って、くすみやしみの原因になります。

乾燥

皮膚の表面に細かな傷がつき、肌の角質がなくなり乾燥につながります。肌がカサカサになります。

毛嚢炎とは?

毛嚢炎とは、毛穴の中にブドウ球菌が感染して発症する炎症です。発症する原因はさまざまですが、毛穴の毛包を傷つけて起こることもあります。

生理中や体調が良くない時、ステロイド剤を使用している時に発症します。

ニキビや吹き出物のように赤くなり、小さな赤いブツブツができるのが代表的な症状です。

毛嚢炎の原因の一つがカミソリ負け

毛嚢炎ができる原因はさまざまですが、シェービングの際に毛穴を痛め、発症するケースがあります。

まとめ

脱毛は、自分でやってしまうと、さまざまなリスクを上げてしまいます。自己処理では、ずっと自分でやらないといけませんし、手間がかかります。

肌への刺激を少なくして、安心して脱毛ができるよう、クリニック脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

0120-947-670

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)