土日祝も診療

0120-947-670 [電話受付 10:00~20:00]

脱毛クリームって、実は脱毛できません。

2020.11.6
医療脱毛

今回は、脱毛クリームでは、脱毛できない理由、そして、除毛クリームとの違いやメリットを解説していきます。

まず、そもそも脱毛クリームとは何でしょうか。

脱毛クリームとは?

「脱毛クリーム」とは、機能的には、正しくは「除毛クリーム」と呼びます。

脱毛クリーム以外にも、「除毛クリーム」と言うものがあります。この2つのネーミングは、どちらも同じ「除毛する」効果の商品なのです。

ここで、「脱毛」と「除毛」という意味について整理しておきます。

皮膚表面の毛を、一時的に取り除くのが、除毛。

毛根から毛を取り除くのが、脱毛です。

商品の名前として、「脱毛クリーム」と呼ばれています。しかし、名前に「脱毛」とついているだけで、「脱毛」効果はありません。

脱毛クリームを使っても、毛や毛根はしっかり皮膚の下に残っています。

脱毛クリームが持続する効果は?

一度脱毛クリームを使って、ムダ毛が伸びてきて次に脱毛クリームを使うまでの期間は、部位や毛の質、人にもよりますが、およそ3日〜1週間のようです。

期間は、カミソリによる自己処理と変わらないようです。

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームのメリットを解説していきます。

即効性がある

脱毛クリームを肌に塗って10分〜15分放置します。そのあと、洗い流すだけで効果が出るでしょう。

永久脱毛できるわけではありませんが、短い時間で効果が得られるため、急いでいる場合には効果的です。

自宅でできる

脱毛クリームは、自宅で使用できるため、自分の好きなタイミングで利用することができます。

コスパが高い

脱毛サロンや医療クリニックと1回のコストで比較すると、脱毛クリームは安価に思えます。効果もわかりやすく実感できるため、コスパが高いと感じることがあるようです。

毛が抜けた状態を持続させるなら、ずっと脱毛クリームを使う必要があります。

クリームを使わなくても「毛が減る」状態を維持したいなら、永久脱毛ができる医療レーザー脱毛のほうが、長期的に考えると、コスパが高いと言えます。

脱毛クリームのデメリット

脱毛クリームのデメリットを解説していきます。

永久に脱毛できるわけではない

脱毛クリームは、使った直後に毛がぬけるので、とても良いと感じる人が多いようです。

しかし、脱毛クリームで永久脱毛できるわけではありませんので、この状態を持続していくには、続けて脱毛クリームを使っていかないといけません。

肌へのダメージ

脱毛クリームを続けることで、肌にダメージを与えてしまいます。肌に負担があると、赤みやかゆみにつながります。

脱毛クリームを使っていて、肌に異常がみられる場合は、すぐに使用を中止して、クリニックなどの専門家に相談しましょう。

肌の弱い人にはおすすめできない

脱毛クリームは、肌にダメージを与える商品です。肌の弱い人にはおすすめできません。

脱毛クリームの使い方

脱毛クリームの使い方は、至ってシンプル。肌の上に適量のクリームを塗って、10〜15分くらい放置。そのあとクリームを洗い流せば、脱毛完了です。

脱毛クリームを使うと毛が濃くなるの?

脱毛クリームを使うと、毛が濃くなるのでしょうか。

脱毛クリームは、皮膚表面の毛を処理しているだけで、毛根から処理しているわけではありません。再びすぐに毛が生えてきます。

脱毛クリームで処理したあと、新しい毛がつるつるした肌に出てくるので、目立って濃くなって見えているかもしれません。

おうち脱毛が不安なら、医療機関で脱毛を

いかがだったでしょうか。

脱毛クリームなどを使った自己処理は、一時的な効果しか得られません。

半永久的に続けないといけないなど、リスクや制限も多く、肌にも負担をかけてします。

お肌の健康をお考えの方、きれいに簡単に脱毛したい方は、お肌へのダメージを減らし、少ない回数で効果の高い医療レーザー脱毛を検討してみませんか?

お問い合わせ

0120-947-670

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)