土日祝も診療

0120-077-281 [電話受付 10:00~20:00]

GLP-1ダイエットに副作用やリスクはないの?

2021.5.30
脂肪吸引・ダイエット

過度な食事制限などが必要ないGLP-1ダイエットが気になっている方は多いと思います。

しかし、副作用などの可能性を考えて躊躇っている方もいるのではないでしょうか。

今回はGLP-1ダイエットの副作用について解説していきます。

GLP-1ダイエットの特徴を始め副作用の種類や原因、対処法などをまとめていますので、後悔のないGLP-1ダイエットのためにも抑えておきましょう。

GLP-1ダイエットとは

そもそもGLP-1ダイエットはどのような仕組みで行われているのかご存じですか。

まずはGLP-1ダイエットの詳しい情報を抑えていきましょう。

 GLP-1とは

GLP-1ダイエットで用いられる「GLP-1」が何か分からないという方も多いのではないでしょうか。

もともと小腸に存在するGLP-1ホルモンは血糖を司るホルモンの分泌をコントロールし、血糖値の上昇を抑えてくれます。

GLP-1ダイエットでは血糖値に間接的に関わるため、重症化のリスクを持つ低血糖になる心配が少ないままでダイエットを行うことが可能です。

また、GLP-1ホルモンには胃の内容物をゆっくりと腸へ送り込む働きもあり満腹感が持続するため、自然と食欲が抑えられて簡単にダイエットをすることができます。

【関連記事】
うわさのミラクル注射!GLP-1ダイエットとは?

GLP-1ダイエットの治療方法

GLP-1ホルモンを用いるGLP-1ダイエットはどのような方法で治療を進めるのか知っていますか?

GLP-1ダイエットでは、基本的に1日1回の自己注射によってGLP-1ホルモンを投与します。

事前のカウンセリング・診察・採血などが終わり、GLP-1ダイエットができる状態であれば自己注射の方法などをしっかりとご説明します。

体の調子や治療の進捗を確認するためにクリニックにお越しいただくことはありますが、それでも頻繁に通う必要はありません。

GLP-1ダイエットのメリット

GLP-1ダイエットを行うことで具体的にどのような効果を得られるのでしょうか。

ここでは、GLP-1ダイエットのメリットをお伝えしていきます。

食欲を抑えることができる

GLP-1ホルモンの働きの1つが胃の内容物を緩やかに腸に送ることです。

胃の動きがゆっくりになることで満腹感が持続し、自然に食欲が抑えられ摂取カロリーを減らすことができます。

食事を我慢したり食べ過ぎたりすることがなくなっていくため、緩やかに体重が減少していくことに繋がります。

ストレスが少ない

過度な食事制限やハードな運動を求められないのがGLP-1ダイエットです。

通常のダイエットよりも我慢したり労力をかけたりすることが少なく、少ないストレスで理想の体型を目指すことができます。

ストレスをほとんど感じることなくダイエットができ、自分のスタイルに自信を持つことに繋がっていくでしょう。

簡単にできる

GLP-1ダイエットはGLP-1ホルモンを1日1回の自己注射によって体内に取り入れていきます。

自宅で自己注射によってダイエットができるため、クリニックに通う手間が少なく通常のダイエットのような運動や食事制限の負担もありません。

ダイエットでのステップが簡単であり、辛い思いをすることがほとんどないため注目されているダイエットです。

GLP-1ダイエットの副作用

様々なメリットのあるGLP-1ダイエットですが、副作用の可能性はゼロではありません。

特にGLP-1ダイエットを始めた初期は体が慣れておらず、以下のような副作用が出やすいと言われています。

  • 便秘
  • 吐き気
  • お腹の張り
  • 倦怠感
  • 頭痛など

これらの症状はほとんどの場合は治療を続けることで改善されていき、やがて症状が起きなくなるようです。

また、クリニックでは副作用が起こりにくいように、医師と看護師がしっかりとサポートしますので安心して施術を受けられます。

GLP-1ダイエットの副作用の原因

GLP-1ダイエットでは便秘や吐き気などの副作用の可能性があると言われていますが、副作用の原因を知っておきたい方もいると思います。

ここでは、GLP-1ダイエットで副作用が出てしまう原因を解説します。

副作用の原因は薬が効きすぎている可能性が大

GLP-1ダイエットは胃の内容物をゆっくりと腸へ送り込む仕組みであり、薬が効きすぎると上記のような副作用が出ると言われています。

これは外部からGLP-1ホルモンを取り込むと通常の胃の動きから急激に変化し、「胃の蠕動運動を抑える」効果が効き過ぎてしまうのが原因です。

そのため、薬の投与を続けてGLP-1ホルモンが多い状態に体が慣れてくれば、症状が自然と治まり副作用に悩まされることがなくなっていきます。

※胃の蠕動運動(ぜんどううんどう):胃の筋肉が収縮することで食物を消化する働きのこと。

GLP-1ダイエットで副作用が出たときの対処法

もしGLP-1ダイエットで副作用が出たらどうすれば良いのでしょうか。

GLP-1ダイエットによる副作用の対処法をあらかじめ知っておくことで、安心して治療できますので確認していきましょう。

薬の摂取を控える

副作用の症状が出た際、体重を減らしたいからといって無理にダイエットを続けるとより悪化する危険性があります。

GLP-1ダイエットの治療中に体に異変を感じた場合、一旦GLP-1ホルモンの投与を止めるようにしてください。

安静にする

体が不調になっている際は無理に動いたりせず安静にすることが必要です。

食事は油っぽいものや飲酒を控え胃に優しいものを選んだ上で、消化が良くなるようによく噛み時間をかけて食べるようにしましょう。

また、生活習慣の乱れも症状の悪化に繋がりますので、夜更かしをせず十分な睡眠を取って体を落ち着けてください。

医師に相談する

副作用の症状がひどい場合、症状の悪化を避けるためにもクリニックに行き必ず医師に伝えるようにしましょう。

吐き気止めの処方など症状に合わせて対応してもらえますので、我慢せずに医師に相談してください。

【関連記事】
GLP-1ダイエットで吐き気が出る理由や確率は?薬で対処はOK?

まとめ

今回はGLP-1ダイエットの副作用について解説してきました。

GLP-1ダイエットは食欲を抑えて自然に体重を落とすことができ、ダイエットを簡単に少ないストレスで行うことができる方法です。

しかし、副作用のリスクは少なからずあり、便秘や吐き気などの症状が起きる可能性があります。

クリニックでは副作用が抑えられるようにサポートしているため、医師や看護師と相談しながら安全に治療を進めていきましょう。

当院では様々なメリットのあるGLP-1ダイエットを行うことが可能です。

医師や看護師のしっかりとしたサポートがありますので、副作用の心配をしすぎることなく安全に治療が進められます。

ASERAクリニックでは事前のカウンセリングを無料で行っていますので、GLP-1ダイエットに興味のある方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

0120-077-281

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)