土日祝も診療

0120-077-281 [電話受付 10:00~20:00]

脱毛サロンや医療脱毛クリニックを掛け持ちするメリット、デメリット、注意点を解説

2021.1.10
医療脱毛

いつもと違った脱毛サロンやクリニックに通ってみたい。いろんなクリニックを試してみたい。そんなお考えをお持ちの方もいらっしゃいます。

脱毛サロンやクリニックの掛け持ちは、禁止されているわけではありません。実際、サロンの掛け持ちをしている方もいます。

今回は、脱毛サロンやクリニックを掛け持ちするメリットやデメリット、掛け持ちする際の注意点などをご紹介します。

脱毛サロンやクリニックの掛け持ちは、できる? やっていい?

脱毛サロンや医療脱毛をおこなうクリニックでも、掛け持ちは禁止ではありません。答えはOKです。

掛け持ちをすると、後ろめたい気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

しかし、脱毛サロンや医療脱毛クリニックにおいて、掛け持ちは禁止事項ではありません。複数のサロンやクリニックと契約しても、1つのサロンやクリニックにまかせても、自由です。

掛け持ちがバレたとしても、何か困ることがあるわけでもありません。

だからと言って掛け持ちをすれば、脱毛が早く終わるわけではありません。

発毛の周期に合わせてお手入れするのが脱毛のメカニズム。複数のサロンやクリニックを掛け持ちすると、自分でスケジュールを管理することになります。

なぜ脱毛サロンや医療脱毛クリニックの掛け持ちをするのか

サロンやクリニックを掛け持ちすることは、それだけいろいろな脱毛方法、クリニックを利用できる機会が増えます。

それだけ自分に合ったサロンやクリニックに出会えるチャンスが増えるというわけです。

また部位ごとに得意なサロンやクリニックを使い分けるためというメリットもあります。

掛け持ちのメリットもいろいろありますので、ここで整理してみましょう。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックを掛け持ちするメリットは?

ここでは脱毛サロンや 医療脱毛クリニックを掛け持ちするメリットを考えてみます。

キャンペーンを使って、お得に脱毛できる

通常よりも安く脱毛できるキャンペーンを打っているサロンがあります。複数のサロンを掛け持つことで、何度もキャンペーンを利用し、脱毛料金を通常よりも安く、お得に脱毛できるかもしれません

ワキ脱毛は、Aサロン、足脱毛はBサロンでキャンペーン価格でという感じでキャンペーンを同時に受けられるのは掛け持ちだからこそできることですね。

自分に合った脱毛サロンや医療脱毛クリニックが見つかる

1つのサロンやクリニックしか脱毛を受けておらずに、不安なまま受け続けるのであれば、初回は、いろいろなサロンやクリニックで受けてみましょう。

もちろん色々な脱毛を受けすぎると、かえって迷ってしまうかもしれません。

しかし、脱毛は1回や2回で終わるものでありません。最低1年以上長期でお付き合いすることになります。

何度も通うものなので、自分に合っているサロンやクリニックを見つけるのが良いですよね。

それらが掛け持ちすることで、自分に合った脱毛サロンや医療脱毛クリニックが見つかりやすくなります。

【関連記事】
医療脱毛と美容脱毛の違いとは?メリット・デメリットを紹介

得意な部位ごとにサロンやクリニックを使い分けられる

特定の部位が得意なサロンやクリニックがあります。それぞれ導入している脱毛器が違うので、部位ごとに効果が出にくい脱毛器があるようです。

サロンやクリニックそれぞれの特徴を把握するなら、複数掛け持ちすることで、脱毛効果を実感できることができます。

予約が取りやすくなる

人気脱毛サロンや医療脱毛クリニックによっては、予約したい日程が埋まっていたりして、スケジュールが合わないことがあります。

そんな時、掛け持ちをしていれば、予約できる可能性が倍増するので、予約が取りやすくなります。

ただ、予約を取った後、スケジュール管理は自分でやらないといけないので、大変になるのはデメリットです。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックを掛け持ちするデメリットは?

次に脱毛サロンや医療脱毛クリニックを掛け持ちするデメリットを考えてみます。

掛け持ちしても効果が高まらない

同じ部位を複数のサロンやクリニックで脱毛しても効果は高まりません。

脱毛は、お手入れごとに一定の期間を設けるのが一般的です。毛には毛周期とよばれる「毛が生え抜ける周期」があります。それに合わせてお手入れしていくのが一般的です。

これは、脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも同じ考え方です。

一度脱毛しても、毛が生えるまでに別のサロンやクリニックで脱毛しても成長期の毛が抜けた後なので、効果はほとんど変わりません。

むしろ、脱毛1回分が無駄に終わるでしょう。

スケジュール管理が大変

複数の脱毛サロンや医療脱毛クリニックを掛け持ちする場合、スケジュールや施術内容は自分で管理しないといけません。

予約は特にそうです。毛周期に合わせてスケジュール調整しないといけないため、かなり手間がかかります。

サポートが受けられない場合がある

トラブルの際、サポートが受けられない可能性があります。本来であれば、通院しているサロンやクリニックからサポートが受けられます。

しかし、掛け持ちしている場合は、満足いく保証が得られない可能性があります。どのサロンやクリニックでトラブルが起こったのか特定するのが困難になる場合があるからです。

ただ、トラブルの原因が分かれば対応可能なので、何かあった場合は速やかにサロンやクリニックに相談してみてください。

何度もカウンセリングを受けることになる

サロンやクリニックを掛け持ちすると、カウンセリングにかかる時間も倍増します。一からカウンセリングや説明を受けるため、カウンセリングだけで最低でも3時間以上はかかるでしょう。

時間がない場合は、事前にカウンセリングの時間にどれくらいかかるのか?確認しておく必要があります。

次に、掛け持ちするために気をつけたいことをご紹介します。

掛け持ちする時、気をつけたいこと

掛け持ちする時の代表的な注意点をご紹介します。

カウンセリングや通う場合の手間を考える

カウンセリングはサロンやクリニックによって異なります。最低でも1〜2時間はかかると見て良いでしょう。掛け持ちするサロンやクリニックが多くなる程、自然とかかる時間も増えていきます。

また、通う場所もバラバラだと通う手間がかかってきます。多くても掛け持ちは、3つ以下に絞るのが現実的でしょう。

2つ以上のサロンで同じ部位を脱毛しないこと

複数のサロンに通えば効果も倍増するのではないか。そうお考えになる方もいらっしゃいます。実は複数のサロンに通ったからと言って、効果も倍増するわけではありません。

同じ部位を2つ以上のサロンで脱毛するのはダメです。脱毛サロンはそれぞれ異なる脱毛器を使っています。

安全を考慮すると、異なる脱毛器で同じ部位を脱毛してしまうことは、肌トラブルを起こす可能性があります。

また、短期間に同じ部位を脱毛しても、脱毛効果が2倍になるわけではありません。

脱毛は毛周期に合わせて脱毛することで効果を出します。効果的なお手入れのタイミングは決まっていますので、サロンスタッフに相談しながら進めていきましょう。

万が一脱毛サロンを変える場合は、どの部位を脱毛したのか?サロンに相談するのをおすすめします。

自分でスケジュール管理をおこなう

複数のサロンやクリニックを掛け持ちする場合、脱毛の周期(毛周期)を自分で管理してください。

スケジュールが上手く組めていないと効果が出にくくなります。ある部位だけ上手く効果が得られないというケースもありますので、気をつけてください。

部分脱毛をそれぞれ組み合わせる

掛け持ちで全身脱毛をおこなうのは、困難です。毛周期に応じて複数のサロンやクリニックに頻繁に通わないといけないからです。スケジュール管理も大変な手間となります。

掛け持ちをするなら、部分脱毛がベターです。

掛け持ちが向いている人

ここでは掛け持ちが向いている人を考えてみます。

  • 部分脱毛したい人
  • 自分に合ったサロンやクリニックを見つけたい人
  • 脱毛サロンやクリニックを比較したい人

掛け持ちが向いていない人

つぎに掛け持ちが向いていない人を考えてみます。

  • 全身脱毛したい人
  • 脱毛完了まで時間のない人

掛け持ちを隠していたのに、バレた場合はどうしたらいいでしょうか。

掛け持ちがばれたときの対応

掛け持ちがバレても、スタッフは問い詰めたりすることはないでしょう。安心して、掛け持ちしていることを話してください。

脱毛は時間がかかるので、長期的にサロンやクリニックと付き合っていくことになります。なんとなく気まずいと通いづらくなるでしょう。

そんな時は、素直に掛け持ちしていることを話しましょう。それが自分にとってもメリットとなる可能性があります。

まとめ

脱毛サロンや医療脱毛クリニックの掛け持ちは、メリットとデメリットの両方があります。

キャンペーンなどを上手く活用できればお得になります。複数通うことで、時間と手間がかかります。

掛け持ちの注意点をふまえながら、肌トラブルにつながらない、あなただけの脱毛プランを考えてみてくださいね。

お問い合わせ

0120-077-281

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)