土日祝も診療

0120-077-281 [電話受付 10:00~20:00]

超必見!ヴェルヴェットスキンの頻度ってどれくらい?

2021.5.8
美容コラム

最近鏡を見ると「しわが増えたな~」なんて思いませんか?

そこでオススメなのが、話題のヴェルヴェットスキンです。ヴェルヴェットスキンは、女性誌などで数多く取り上げられている、最先端の美容法なんです。

でも忙しいからヴェルヴェットスキンの頻度が気になる…なんて思いますよね?それは心配無用!1ヶ月に1回で無理なく続けることができます。ヴェルヴェットスキンで美しいお肌を手に入れましょう!

気になるヴェルヴェットスキンの特徴って?

名前は聞いたことがあるけど、「ヴェルヴェットスキンって何なんだろう」って気になりませんか?まずは、ヴェルヴェットスキンの仕組みや効果・施術後について知っておくと安心できるでしょう。

【関連記事】
ヴェルヴェットスキンは痛い?その理由と注意点とは

ヴェルベットスキンの仕組み

ヴェルヴェットスキンは、 ダーマペンとマッサージピールを組み合わせた美肌治療法です。マッサージピールに含まれる有効成分をダーマペンによって肌の奥深くまで浸透させることで、さらに高い効果が期待できます。

  • ダーマペン
    ダーマペンとは細い針を使って、目には見えない小さな穴を皮膚に開ける治療法です。細い針を刺して皮膚を傷つけることで、肌本来の治癒力を引き出し、肌再生を促進してくれます。治癒力を利用することで、肌をなめらかな状態に導いてくれるでしょう。
  • マッサージピール
    マッサージピールは、肌表面の古い角質を取り除くことができるピーリングです。肌の奥深くに浸透しコラーゲンの生成をサポートしてくれるので、ハリと弾力を取り戻すことが期待できるでしょう。

施術後の流れ

  • 当日
    施術当日は赤みやひりつきが出る可能性があるので、当日は普段のファンデーションが使用できないでしょう。施術直後に、大切なスケジュールを入れないように注意してくださいね。
  • 2日目
    翌日はメイク&洗顔はOKです。ひりつきは治まりますが、赤みは残っているかもしれません。人によりますが、メイクで隠せる程度の赤みになりますので安心してください。
  • 3~4日目 
    角質層が薄い口周りや目の周りなどで皮剥けが生じる場合があります。気になるかもしれませんが、肌の負担になるため無理に剝がさないでください。
  • 5~7日目
    皮剥けが治まってきます。透明感・ハリ・ツヤなどの効果が実感できるでしょう。赤みや皮剥けにはかなり個人差がありますが、ダウンタイムはおよそ1週間だと言われています。ニキビ跡や毛穴改善を目的とした治療は赤みが4~5日続く場合があるので、施術後の予定に注意して受診しましょう。

得られる効果

ヴェルヴェットスキンで得られる効果は以下の通りになります。

  • ニキビ跡
  • ハリとツヤ
  • シワの改善
  • 肌のターンオーバーを促進
  • リフトアップ
  • 肌質改善、コラーゲン生成を促進

施術を受けた直後からツルツル感や透明感などを実感できると言われています。また、術後から数ヶ月にかけて徐々にコラーゲンやエラスチンが生成されるため、ハリ感や弾力アップの実感が期待できるでしょう。

さらにヴェルヴェットスキンは、顔だけでなく身体にも施術ができるのも特徴的です。首元のしわやたるみ・二の腕のブツブツ・妊娠線や傷跡などの改善にも期待できるでしょう。

ヴェルヴェットスキンの頻度が月1回の理由やメリットって?

ヴェルヴェットスキンの頻度は月1回が推奨されています。最初に、肌のターンオーバーの周期が分かっていると、どれくらいで通えば効果が出るのか理解できるでしょう。

肌のターンオーバーの周期

肌は一定のサイクルを持って新しい肌へと生まれ変わっています。この新陳代謝の仕組みが「肌のターンオーバー」です。

ターンオーバーが正常に行われていれば、肌の深くで肌を作るための皮膚細胞が生成され、肌の表面に向かって押し上げられます。その後、肌の表面にある垢や角質として排出されていきます。そして「新たに皮膚細胞が作られる」といった一連の流れでターンオーバーは繰り返されるのです。

以下は年代別に見た、一般的な肌のターンオーバーの周期目安です。

  • 20代:28日前後
  • 30代:40日前後
  • 40代:55日前後
  • 50代:75日前後
  • 60代:100日前後

肌のターンオーバーの周期は、「実年齢×1.5(〜2)」で求められます。個人差はありますが、ターンオーバーの周期と年齢は密に関係していると言えるでしょう。

20代でも約1ヵ月のターンオーバーの周期が必要であることから、ヴェルヴェットスキンも月1回の頻度で通うことが推奨されています。

ヴェルヴェットスキンの頻度が少ないメリット

美容は「継続」が重要になります。しかし、多くの美容施術はスパンが短いというイメージはありませんか?実際に「忙しくなってサボっちゃった」という声があるのも事実です。

ですが月1回の施術が推奨されているヴェルヴェットスキン。ターンオーバーの他にも、月1回によるメリットや魅力があるんです!

  • 時間に余裕ができる
    次の施術まで1ヶ月の余裕があるため、ご自身の予定を組みやすくなります。1か月に1回でOKなヴェルヴェットスキンなら、家事や仕事、プライベートに忙しい方でも安心して続けられますよね。
  • 比較的マイペースに行える
    頻度が多いとサボりたくなっちゃう気持ち…分かります。(笑)でも月に1回の施術なら、ちょっとズボラなあなたでも、無理なく自分のペースで続けられるでしょう。「毎月の美容デー」としてサロンに行く気持ちでおしゃれをしていけば、格段にモチベーションが上がるはず。
  • 交通費が節約できる
    毎回の交通費って地味に掛かりませんか?毎週クリニックに通うとなると、お財布のヒモが固くなっちゃいますよね…。でも月1回の頻度であれば、交通費の負担は比較的掛かりにくいでしょう。特に若い世代にとって、少ない交通費で美容施術が行えるというのはかなりありがたいです。

1ヶ月に1回のヴェルヴェットスキンの頻度を守るためにやっておきたいこと

ヴェルヴェットスキンの頻度を守るためには、日頃のスキンケアも重要になります。ヴェルヴェットスキンに加えて、ご自身でのおうち美容も楽しみましょう!

保湿ケアが効果を高める

保湿ケアを行うことで、肌が柔らかくなりヴェルベットスキンの効果を高めることができます。

マスク前のスキンケアでは、洗顔後すぐに使うブースター美容液がオススメ。ブースター美容液を使うことで、後からつける化粧水や乳液の浸透力が上がり、保湿効果を高めることができます。

摩擦を控える

皮膚が摩擦を起こしている場合、ヴェルベットスキンの効果が薄くなってしまうかもしれません。でもマスクをつけなきゃいけないこのご時世、摩擦は避けられない肌トラブルですよね。

肌が弱っている時は、不織布マスクからコットンのマスクに切り替えることで、肌当たりがやさしくなります。結果的に肌摩擦を軽減することができるので、近場に行く時はお試しあれ。

肌を触る回数を減らす

良かれと思ってスキンケアをやりすぎると、かえって刺激になってしまうこともありますスキンケアの重ね塗りや過度なパッティングは肌を触る回数が増えますよね。

また、無意識のうちに目や口元を触る癖があるという場合もあるでしょう。癖は家族や友人に指摘してもらいつつ、自分でも触らないよう意識してみましょう。

日焼け止め対策

日焼けはシミができるだけでなく、毛穴が詰まりニキビもできやすくなってしまうんです。それではヴェルヴェットスキンをしてもあまり意味がないですよね。

マスクをしているからって日焼け止めを怠るのは絶対NG!マスク部分に到達する紫外線はゼロではないので、UVケアは顔全体にしておくのがベターでしょう。

まとめ

・ヴェルヴェットスキンは ダーマペンとマッサージピールを組み合わせた美肌治療法

・ヴェルヴェットスキンの頻度は1か月に1回。理由としては肌のターンオーバー周期が約1ヶ月であること。月1回のメリットとしては、時間に余裕ができる・マイペースに行える・交通費が節約できる。

・1か月に1回の頻度を守るためにやっておきたいことは、保湿する・摩擦を控える・肌を触る回数を減らす・日焼け止め対策

ヴェルヴェットスキンの施術は「1ヶ月に1回だから忙しくても続けやすい」と大変好評です。肌のターンオーバーを考慮して着実に美肌へと近づけます。ヴェルヴェットスキンで美しいお肌を手に入れましょうね!

お問い合わせ

0120-077-281

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)