土日祝も診療

0120-077-281 [電話受付 10:00~20:00]

GLP-1ダイエットで吐き気が出る理由や確率は?薬で対処はOK?

2021.4.27
美容注射・点滴

GLP-1ダイエットは、GLP-1と呼ばれる小腸から分泌されるホルモンを1日1回注射するダイエット方法です。

薬剤を注射する、と聞くと気になるのは副作用ですよね。お腹の調子が悪くなったり、吐き気や頭痛に見舞われたり・・・副作用には様々な種類があります。

もちろん誰もが副作用は経験したくありませんよね。

そこでこの記事では、GLP-1ダイエットで起こると言われている副作用のうち、一番なりやすいと言われている吐き気が出る理由や確率、対処法をご紹介します。

また、他にどのような副作用の種類があるのかも併せて解説いたします。

GLP-1ダイエットで吐き気が出るのは何故?

GLP-1ダイエットの副作用を調べると一番多く見られる症例として挙がっている例が、「吐き気・胃もたれ」です。

では、そもそも吐き気を感じてしまうのはどうしてでしょうか。

理由は、GLP-1ダイエットの仕組みそのものに吐き気や胃もたれを起こす可能性が含まれているからです。

そもそも、GLP-1と呼ばれる成分は人間の小腸から分泌されるホルモンですが、効能は以下の通りです。

  • 血糖値の上昇を抑えるインスリンの分泌を促す
  • 血糖値を上げるグルカゴンの分泌を抑える
  • 胃の内容物の排出を遅らせ、食欲を遅らせる動きがある

この3つの効能のうち、最後の「胃の内容物の排出を遅らせる」効果が、胃もたれや吐き気に繋がっているのです。

胃の内容物の排出を遅らせる=胃の動きが鈍くなっている状態である為、食べた物が通常より遅く消化されます。すると、常に胃の中に食べ物が残っているように感じる場合があります。

この胃の中に食べ物が残っているように感じる状態が、胃もたれや吐き気に近い症状をもたらすのです。

胃もたれや吐き気になる確率や対処法

胃もたれや吐き気のような症状になる人はどのくらいいるのでしょうか。

実は、どのくらいの人が胃もたれや吐き気に襲われるか、数値で表現するのは難しいとされています。なぜなら実際に症状が起きていても気付かないレベルの方も多く、感じないまま気付けば過ぎ去っている場合があるからです。

また、症状が出たとしても慣れていくと自然に治まる人が非常に多く、副作用が出てもGLP-1ダイエットを断念するほどではないケースがほとんどとされています。

ただし、しばらく胃もたれが続く場合は我慢せず医師に相談しましょう。投与量が多かった可能性がありますので、量を減らせば解決する場合が大半です。

クリニックによっては胃薬を処方してもらえますので、胃もたれを起こしやすい人はカウンセリング時に相談しておくと良いですよ。

まず胃もたれや吐き気が起きた場合は、自分の判断で薬を服用せず相談して下さいね。

GLP-1ダイエットで起こりうる副作用

GLP-1ダイエットではいくつか副作用の例が確認されています。

一例と解決法を簡単にご紹介します。

注射した部位の腫れ

インフルエンザの予防接種などを打つと患部が腫れあがった経験がありませんか?GLP-1ダイエットでも似たような症状になる人がいます。

もしも患部に腫れ・赤み等の異常が見られた場合、すぐに医師に相談して下さい。異常が認められた場合、何らかのアレルギー反応を起こしている可能性があるので自己判断が大変危険です!

例えば、消毒用アルコールのアレルギー、注射針(金属)のアレルギーなど、GLP-1ダイエットにはいくつかのアレルギー要素があります。

どのアレルギーが原因かをしっかりと解決しないと次にどうするべきか方向性を決められません。さらに、アナフィラキシーショックを起こすと体に大ダメージを与えてしまいます。

患部の異常が認められた場合は、絶対無理に施術を続けるのはやめてくださいね。

便秘

GLP-1ダイエット中に便秘になってしまう経験をする人がいます。理由は、食事量が減るからです。

今までよりも食事量が急に減ると、便の量も減ります。そして押し出される力も減っていくため、自然と便が出にくくなる場合があるのです。

もともと便秘気味の人はより詰まりやすくなる可能性があります。そんな時の解決方法は「多めの水分補給」です。

いつもより多めに水分を摂取し、ダイエットと並行して有酸素運動を行えば、腸がしっかりと回るため便秘の早期解決に繋がります。

折角ダイエットの結果食事量が減ったのにもかかわらず、便秘になり体重が減らないと落ち込んでしまいますよね。そうならないように水分をしっかりと取りましょう!

低血糖

低血糖は頻度や関連が疑問視されている副作用ではあります。しかし、一部症状が認められた人もいるのでご紹介いたします。

例えば以下のような症状が確認された場合、低血糖に陥っていると考えられます。

  • 力がうまく入らない、脱力感がある
  • 体中がだるい、風邪を引いたようなしんどさがある
  • 冷や汗が出る
  • 顔色が良くない、悪い

GLP-1ダイエットは血糖値の上昇を抑え、食事量も減りますので低血糖に陥るリスクがゼロではありません。

解決法は、ドラッグストアなどで販売されているタブレットまたはゼリーを状のブドウ糖を鞄に忍ばせておき、いざという時に摂取すると体調不良にすぐ対応が出来ます。

しかし、チョコレートや一般的な飴のように吸収が遅い食べ物は応急処置としては不向きです。是非ブドウ糖を摂取するようにして下さいね。

【関連記事】
GLP-1ダイエットに副作用やリスクはないの?

まとめ

GLP-1ダイエットは副作用はあまり多いとは言えません。

さらに、何かトラブルがあったとしても割とすぐに解決するものが大半だとわかりました。

しかし、どうしても自分の体に合わないと感じる人は必ずいます。どの施術方法にも必ず副作用やリスクはつきものです。

体に異常が起きた場合は我慢せず、無理をせず、すぐに施術をしたクリニックに相談して下さい。対応方法や薬の処方を受けられる場合があります。

当院では施術開始前に副作用の可能性などもしっかりとご説明させていただきますので、安心してご連絡くださいね。

お問い合わせ

0120-077-281

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)