土日祝も診療

0120-077-281 [電話受付 10:00~20:00]

予防接種後に脱毛しても問題ないか?

2021.3.10
医療脱毛

冬は、肌の露出の少ない時期。この時期は、脱毛が理想的です。また、インフルエンザなどの予防接種などを受けられる方も多いでしょう。

予防接種を受けた場合、「入浴は控えてください」とか「飲酒や激しい運動は控えましょう」と言われることがあります。この場合、脱毛もNGなのでしょうか。

今回は、予防接種後に脱毛しても問題ないか?予防接種以外に、脱毛前後に気をつけたいことなどをご紹介します。

予防接種後の脱毛は問題ない?

実は予防接種と脱毛の相性はあまり良いものではなく、予防接種を受けたあとの脱毛は避ける必要があります。

予防接種を受けたあと脱毛するなら、1〜2週間程度、期間を空けるのがいいでしょう。「予防接種のあと、1日くらい控えればいいかと思ってた」と気軽に思う方も少なくないでしょう。

では、予防接種後の脱毛を避けるべき理由は何でしょうか。

予防接種後の脱毛は、避けたほうがいい理由

予防接種の後は、特に調子が悪いと感じないため、「なんとなく注射を打った」しか思わず、簡単に考えてしまいがちです。

予防接種は、体内に弱毒化した病原体を投与して抗体を作り出すことです。そのため、予防接種のワクチンが体内にある間、病原体と身体は戦っている状態にあります。

つまり、軽い感染症にかかったような状態となっているのです。そのような状態のため、実際、微熱などの副作用が出てくる場合もあります。

予防接種後に脱毛を受けると、赤みやかゆみなどの肌トラブルが起きるリスクが高くなります。

ちなみに、予防接種前にも脱毛はNGです。

予防接種前の脱毛は、避けたほうがいい理由

実は、予防接種前の脱毛もNGです。レーザー脱毛後の肌はそれなりにダメージを受けています。バリア機能は低下してデリケートな状態になっているのです。

そんな状態の肌に予防接種を打つと、発疹や腫れなどの肌トラブルが起きる可能性が高くなります。やはり約1〜2週間は空けるのがいいでしょう。

予防接種の前後は、期間を空けて脱毛しよう

どんな予防接種を受けるにせよ、脱毛をおこなう間隔は、約1〜2週間空けることを伝えるサロンやクリニックがほとんどです。

無理のない脱毛スケジュールを組んで、少しでも不安があれば、専門医に相談しましょう。

予防接種以外に、脱毛前後に気をつけたいこと

予防接種以外に、脱毛前後で気をつけたいこととして、下のようなものがあります。

日焼け

紫外線を浴びた状態は、軽い火傷をしている状態と言えます。日焼けの状態によりますが、脱毛は避けるほうがいいでしょう。

【関連記事】
脱毛中に日焼けを避けるべき理由と日焼けしてしまったあとの対処法

入浴

脱毛直後、身体の体温は上昇しています。しばらくは施術部位に赤みやかゆみが起こりやすい状態です。そのため当日は、湯船につかるなどの体温を上げる行為は避けましょう。

薬の服用

服用する薬によっては、レーザー脱毛と相性が合わない可能性があります。病院から処方された薬の場合は、必ず医師とサロンやクリニックに相談してください。

飲酒

脱毛前後にお酒を飲むことで血行が良くなります。血行が良くなりすぎると、お肌に赤みやかゆみが出る原因となります。

【関連記事】
脱毛前後12時間は、お酒を控える理由〜脱毛とお酒の関係

まとめ

今回は、予防接種後に脱毛しても問題ないか?予防接種以外に、脱毛前後に気をつけたいことなどをご紹介しました。

脱毛後に予防接種を受けたことで、体調不良などにならないように、注意事項は正しく守りましょう。不安な点は必ず医師に相談してください。

お問い合わせ

0120-077-281

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)