土日祝も診療

0120-077-281 [電話受付 10:00~20:00]

【医師監修】Vライン脱毛とは?施術範囲や人気の形、お手入れ方法を解説します

2021.8.31
美容コラム

Vライン脱毛と聞くと、

  • 他の人に施術してもらうのが恥ずかしい
  • 痛みが強いイメージがある
  • どんな形にするのが良いのかわからない

など、マイナスなイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

実際には、Vラインを脱毛して満足される方は非常に多くいらっしゃいます。

そこで今回は、Vライン脱毛の施術範囲や料金の相場、人気のデザインなどを解説します。最後までお読みいただくことで、Vライン脱毛を始める前に知っておきたいことがすべてお分かりいただけると思います。

VIOの施術範囲とは

脱毛におけるVIOとは具体的にどの部分のことを指すのでしょうか。

VIOとは、Vライン、Iライン、Oラインからなる部位のことです。デリケートゾーンと呼ばれることもあります。

ここでは、Vライン、Iライン、Oラインとはどこの部位を指すのか、具体的な施術範囲などを解説します。

Vライン

Vラインは、デリケートゾーンの前面部分のことです。具体的には、両足の付け根から腰のラインあたりまでの三角形のエリアを指します。

また、クリニックによっては両足の付け根のVの字の部分だけをVラインとしているところもあります。

Vラインの毛は水着や下着を着た際にはみ出てしまう場合があるので、脱毛部位として人気があります。

Iライン

Iラインは、女性器の両サイドにあたる縦ラインを指します。太ももの付け根の上部内側、縦のラインがI型をしていることからIラインと呼ばれています。

Iラインを脱毛すると、生理時の不快感やムレ、気になる臭いが改善されるなどのメリットがあります。

Oライン

Oラインは、肛門回りの部位を指します。その名のとおり、Oの形をした円形の部位なのでOラインと呼ばれています。

クリニックによっては「ヒップ奥」「ヒップ」と呼ぶこともあります。

自己処理をするにはなかなか手が届きにくく、目で見て確認するのが難しい部位です。自己処理ではケガをしてしまう可能性もあるので、クリニックで脱毛してもらう方も多いようです。

Vラインのお手入れ方法

Vラインを含むデリケートゾーンのお手入れ方法には次のようなものがあります。

  • 自己処理する
  • サロンで抑毛・減毛する
  • クリニックで脱毛する

特におすすめなのは、クリニックで脱毛してもらうことです。自己処理は手間がかかるのに加え、肌を傷つけてしまう可能性もあります。

ここでは、Vラインのお手入れ方法を1つずつ解説します。

①自己処理する

Vラインのお手入れ方法の1つ目は、自己処理をすることです。

メリット・お金がかからない
・好きなときにできる
・人にデリケートゾーンを見られない
デメリット・自己処理をする手間と時間がかかる
・誤った方法では肌を傷つけてしまうことがある
・繰り返しの処理で黒ずみや色素沈着に繋がることがある

手軽にでき人にデリケートゾーンを見られることもないので、Vラインを自己処理している方は多いのではないでしょうか。

しかし、Vラインを含むデリケートゾーンは、自分で目で見ながらお手入れをするのが難しい部位です。慎重に確認しながら脱毛しなければ、刃物で肌を傷つけてしまう恐れがあります。

②サロンで抑毛・減毛する

脱毛サロンで抑毛・減毛してもらうのも、Vラインのお手入れ方法の1つです。

メリット・毛の量を減らすことができる
・クリニックに比べ1回あたりの施術料金が低価格な傾向にある
デメリット・永久脱毛の効果はない
・肌トラブルが起きた場合は自分で病院に行く必要がある

脱毛サロンに通うことで、デリケートゾーンの毛の量を減らしたり、デザインを整えることができます。

ただし、脱毛サロンで使用している脱毛機には、永久脱毛をするほどのパワーはありません。毛の量を減らしたり、毛が生えてくるスピードを減速させたりすることはできますが、毛が生えてこなくなるわけではないので注意しましょう。

永久脱毛はできませんが、1回あたりの施術料金のお得さなどが脱毛サロンの魅力です。

③クリニックで脱毛する

Vラインのお手入れ方法としてもっともおすすめなのが、クリニックで脱毛してもらうことです。

メリット・永久脱毛が可能
・肌トラブルが起きた際のサポート体制が整っている
・施術を担当するのは医師または看護師などの有資格者なので安心
デメリット・施術時の痛みが比較的強い
・1回あたりの施術料金が高額になることも

クリニックでの脱毛には、永久脱毛の効果が期待できます。

また脱毛サロンとは異なり、万が一肌トラブルが起きた際にも医師に診察してもらえるのが魅力です。施術を担当するのは医師または看護師なので、「脱毛に通うのがはじめて」という方でも安心です。

当院でも、Vラインをはじめ、Iライン、Oラインの施術を承っております。

Vライン脱毛で得られるメリット

Vラインを脱毛することで得られるメリットは次の3つです。

  • デリケートゾーンを清潔に保てる
  • 自己処理から解放される
  • おしゃれな水着や下着が着られるようになる

デリケートゾーンの脱毛には恥ずかしさが伴いますが、上記のようなメリットに魅力を感じ、脱毛を決める方は多いです。実際、デリケートゾーンを脱毛された方の多くが満足されています。

①デリケートゾーンを清潔に保てる

Vラインを脱毛する最大のメリットは、デリケートゾーンを清潔に保てることです。

デリケートゾーンを清潔に保つことで、生理時のムレやかゆみ、気になる臭いを抑えられるようになります。ただでさえ辛い生理期間の不快感を軽減できるのが魅力です。

また、Vラインの脱毛は、将来介護されるときの備えにもなるため、当院でも若い人だけでなく幅広い世代の方に人気のメニューです。

②自己処理から解放される

クリニックで脱毛してもらうと、面倒な自己処理から解放されます。

Vラインをはじめとするデリケートゾーンの毛は濃く太く、自己処理をするのがなかなか面倒な部位です。加えて、皮膚が薄く粘膜に近い部位でもあるので、間違って刃で肌を傷つけてしまう危険性があります。

クリニックでVラインの脱毛をしてもらえば、自己処理をする必要がなくなります。自己処理にかかっていた時間の節約にもなるのがメリットです。

③おしゃれな水着や下着が着られるようになる

Vラインを脱毛するメリットの3つ目は、おしゃれな水着や下着が堂々と着られるようになることです。

Vラインの毛は、お手入れを忘れると水着や下着のサイドからうっかりはみ出してしまうことがあります。クリニックで脱毛してもらうことで、そういった心配はなくなります。

また、Vラインのデザインを整えてもらうことで、大人っぽい下着や水着も自信を持って着られるようになります。

Vライン脱毛で人気のあるデザイン

Vラインを脱毛するといっても、どんな形に整えたらよいのか悩んでしまう方も多いかと思います。ここでは、Vラインの脱毛で人気のあるデザインをご紹介します。

今回、VIO脱毛をされたことがある方々にどのような形にされているかアンケートを実施したところ、結果は次のようになりました。

  • ナチュラル
  • ハイジニーナ(無毛)
  • 逆三角形
  • 扇形
  • 卵型

それぞれの特徴を確認し、あなた自身にあったデザインを決める際の参考にしてください。

①ナチュラル

もともとのVラインの形は変えずに、毛量を減らしたスタイルがナチュラルです。

デザインが変わらないため、ツルツルにするのに抵抗のある方や、恥ずかしさを感じることなく温泉に入りたい方などにおすすめです。

②ハイジニーナ(無毛)

Vラインの毛をすべて処理したのがハイジニーナ(無毛)です。

デリケートゾーンを清潔に保てることや、老後に介護されることを考慮し、近年人気が高くなっています。

一度ハイジニーナにすると、もとの状態には戻せないので注意が必要です。

しかし、一度ハイジニーナにするとその快適さから維持する方の多いデザインです。

内部リンク:ハイジニーナ

③逆三角形

Vラインの毛を逆三角形の形に整えたデザインも人気があります。

逆三角形の魅力は、極端に見た目を変えなくても、きちんとお手入れされている感があるところです。両足の付け根にあるV字のラインを脱毛するので、下着や水着のサイドから毛がはみ出てしまうような心配もなくなります。

④扇型

逆三角形の角を丸くしたのが扇型です。逆三角形より柔らかい印象を与えます。

ナチュラルでありながらも、きちんとお手入れされた感があるので人気のデザインです。

⑤卵型

卵型は、その名のとおりVラインの毛を楕円の形に整えたものです。オーバルといわれることもあります。

丸みを帯びたフォルムがかわいく、女性らしさを演出できるデザインです。

Vライン脱毛にかかる費用|相場は5回53,000円

クリニックのVIO脱毛にかかる費用をまとめてみました。


VラインIラインOラインVIOセット
ASERAクリニック(当院)33,000円44,000円22,000円100,000円
Fクリニック44,000円44,000円38,500円93,500円
Fクリニック88,000円44,000円44,000円107,800円
Rクリニック49,500円49,500円42,900円92,400円

※価格は全て税込

Vラインのみを脱毛する場合の相場は50,000円程度です。

Vラインの他に、Iライン、Oラインをセットで脱毛する場合の相場は10万円前後です。

当院では、脱毛効果に納得いくまで通っていただけるよう、5回の施術が終わったあとの追加照射もお得に設定しております。

詳しくは当院の料金ページをご確認ください。

Vライン脱毛における事前準備・アフターケア

Vラインに限った話ではありませんが、きちんと脱毛効果を得るためには、事前準備やアフターケアが重要です。脱毛効果だけでなく、肌トラブルを防ぐことにも繋がります。

ここでは、Vライン脱毛に通う際の事前準備とアフターケアを解説します。

事前準備|施術範囲のシェービングを済ませておく

脱毛する部位のシェービングは、事前に済ませておきましょう。

特にVライン脱毛の場合、ハイジニーナ(無毛)にするつもりがなくても、毛量を減らしたい場合、数回はすべて剃った状態にする必要があります。これは、一度Vライン全体に照射をし、毛量を減らすためです。

自己処理をする際は、電気シェーバーの使用をおすすめしております。カミソリや毛抜きは毛根や肌を傷つけてしまう可能性があるので避けましょう。

最初にはさみで長さを短くしてからシェーバーで処理していきます。

なお、自己処理は脱毛前日に行ってください。

アフターケア|しっかりと保湿する

施術後は、脱毛部位の保湿ケアをしっかりと行います。Vラインに限らず、脱毛部位は念入りに保湿を行いましょう。

照射をした部位は熱がこもっており、やけどのような状態です。肌の水分が多く失われてしまうので、普段より念入りな保湿ケアが必要です。

お風呂上りに保湿効果のある化粧水やクリームをたっぷりと塗るのがおすすめです。また、Vラインは下着やトイレットペーパーとの摩擦にも気をつけましょう。

よくある質問

ここでは、Vライン脱毛に関するよくある質問にまとめてお答えいたします。

Q. 効果を実感するまでには何回施術が必要ですか?

毛質や体質により個人差はありますが、脱毛効果を実感するまでには5回~8回程度の照射が必要だといわれています。

Q. VIOの施術は痛みが強いと聞きましたが、どれくらいですか?

クリニックで脱毛する際の痛みは、施術部を輪ゴムでバチッと弾かれる程度です。

痛みに敏感な方や不安な方のために、当院では麻酔の用意もございます。医師または看護師までお気軽にお尋ねください。

Q. 生理中でも施術できますか?

生理中はVIOの脱毛はできません。脱毛機やベッドなどに血液が付着してしまう可能性があり、衛生的ではないためです。

もし予約の日に生理がきてしまった場合は、VIO以外の部位を施術をさせていただくか、予約日の変更をお願いいたします。

Q. Vラインだけを脱毛することはできますか?

Vラインだけを脱毛することも可能です。

当院では、VIOがセットになっているプランの他に、パーツごとでもご契約いただけますのでご安心ください。

まとめ

Vライン脱毛には、生理時の不快感が軽減されるだけでなく、デリケートゾーンを清潔に保ててる、おしゃれな水着や下着を堂々と着られるようになる、などのメリットがあります。

Vライン脱毛を始めてみたいとお考えの方は、ぜひ当院の無料カウンセリングまでお越しくださいませ。

あなたもぜひ、Vライン脱毛をしてストレスフリーで自信のある毎日を手に入れてみてください。

お問い合わせ

0120-077-281

電話受付時間/10:00~20:00
(土日も診療、月曜日・年末年始休診)